XAMPPの環境設定とWordPressのインストール

XAMPPアイコン

XAMPPアイコン

XAMPPへのWordPress移行作業

前回の「XAMPP(ザンプ)のインストール方法|windows編」に続き、XAMPPの環境設定からWordPressのインストールと本番環境のWordPressを利用したサイトの移行方法を2回に分けて投稿したいと思います。

今回
XAMPPの環境設定とWordPressのインストール

次回
WordPressを利用したサイトの移行方法
複数サイト対応版

XAMPPの起動とWordPressのインストール

「XAMPPインストール」は「XAMPP(ザンプ)のインストール方法|windows編」を参照して下さい。

1.XAMPPの起動

デスクトップに作成した「XAMPP Control Panel」ショートカットアイコンから起動します。
XAMPP Control Panelショートカット

XAMPP Control Panel 起動
「XAMPP Control Panel」が起動しました。

次に下の二つを「Start」ボタンから起動します。
・Apache(Webサーバ)
・MySQL(SQLデータベース)

XAMPP Control Panel
「Apache」と「MySQL」が起動されました。
「XAMPP Control Panel」を終了する時は、「Quit」ボタンから終了出来ます。

起動確認をしましょう。

「Apache」の起動確認は二つの方法があります。

(1)「XAMPP Control Panel」から確認

Apache
「Admin」ボタンをクリックします。

https://localhost/dashboard/
この画面が表示されます。「Apache」の起動の確認が出来ました。

自動的に「https://localhost/dashboard/」にリダイレクトされます。
(以前のXAMPPでは操作・設定画面が表示されていました。)

(2)「https://localhost/」から確認

アドレスバーで「https://localhost/」にアクセスします。
https://localhost/dashboard/
この画面が表示されます。「Apache」の起動の確認が出来ました。

「MySQL」の起動確認

MySQL
「XAMPP Control Panel」から「Admin」ボタンをクリックします。

phpMyAdmin
「phpMyAdmin」のページが表示されます。
「Apache」と「PHP」のバージョンも確認できます。

[adsense1]

2.「WordPress」のインストール方法

WordPress は、通常のホームページと違い、データベースにアクセスして動的にページを作り出す仕組みです。そのため、 WordPress をインストールするには、次の2つの手順が必要になります。

・データベースの作成
・WordPressのインストール

2-1.データベースの作成

「phpMyAdmin」のページから作成します。
phpMyAdmin
「データベース」―「データベース名」―「作成」の手順で作成します。
今回のデータベースは「mr-dear」に設定します。

データベース「mr-dear」

データベース「mr-dear」が作成されました。

2-2.WordPressのインストール

WordPressのダウンロードと初期設定をすれば完了です。

WordPressのダウンロード

WordPress の日本語公式サイトにアクセスします。

WordPress の日本語公式サイト
ページ右上の「Wordpressをダウンロード」をクリックします。

Wordpressをダウンロード
右上の「WordPress X.X.X をダウンロード」をクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードしたZipファイルを解凍します。
解凍したフォルダ内の「wordpress」フォルダごと「 C:¥xampp¥htdocs 」にコピーします。

WordPressをコピー
コピーが完了するとWordPressのトップ画面にアクセス出来ます。
(アドレスは「http://localhost/wordpress/」になります。)

2-3.WordPressの初期設定

WordPressのトップ画面にアクセスにアクセスします。
http://localhost/wordpress/

WordPress「さあ、始めましょう!」
「さあ、始めましょう!」をクリックし設定を開始します。

WordPressデータベース設定
上記の2-1.データベースの作成にて作成したデータベース設定します。
ユーザー名は「root」に今回は指定しました。別途ユーザーを作り指定することもできます。
(後日、時間があれば記事にしたいと思います。)

「送信」をクリックします。
WordPressのインストール開始
データベースとの設定が完了して「WordPress」と「データベース」が通信できる状態なりました。「インストールの実行」をクリックしインストールを進めます。

WordPressサイト設定
「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力します。
「検索エンジンでの表示」に関してはローカル環境で作成するのでインデックスしないようにします。(※パスワードはメモしておきましょう)

「WordPressをインストール」をクリックします。

「WordPress」のインストールが完了
「ユーザー名」「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

WordPressダッシュボード
ダッシュボードが表示されます。では実際に表示されるWordPressのブログサイトを確認しましょう。

ダッシュボードーサイトを表示
「サイトを表示」をクリックします。
下の画面が表示されるとWordPressのインストールは成功です。

WordPressテストサイト

表示されましたか?

テーマはデフォルトの「Twenty Seventeen」が適用されています。

次回は、実際にインターネット上の「WordPress」で作成されたサイトをローカル環境へコピーする記事を投稿致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次